フォト

<別館>は、こちらから↓

無料ブログはココログ

追加画像(本文関連)

  • ナチュラルレストラン36 デザート等
    ブログ本文中に掲載できなかった写真のアルバムです

ブログ以前の写真館

鉄道写真(JR・国鉄)

  • 12廃線跡を歩く~国鉄日田線(東小倉~妙見~石田) 神岳2丁目大畠1丁目付近3
    現在、廃線跡を歩く~旧国鉄・日田線跡/東小倉~石田を順次UP中です。

最近のトラックバック

« 悟空 | トップページ | たこ焼 オアシス »

2006年1月28日 (土曜日)

津田屋官兵衛

このブログ始めて、3ヶ月にもなるのに、my favorite店というのに意外と行ってないのに気づく。人気店ゆえタイミングがむずかしい、時間が合わない、合うかと思えば店休日、日常の行動範囲に入っていない・・・。でも1番の理由はブログ始めたことだったりする(笑)

kanbetenzaru ここ、さっき挙げた理由すべてに合致する(笑)近くであれば、一人で行けるなら、もっと訪問できると思う。今日は一念発起、朝から食べたくて、昼の時間はタイミングを逃したので夕方の営業開始直後を狙って出かけた。ちょうどテーブル席のお客さんが立ったところだ♪具だくさん、ざるうどん、ごぼう天うどん、おろしぶっかけ(素朴めん)とセットのミニ丼って感じでオーダーするのだが、毎回他の人が頼んでいるのを見て次回こそはと思っていてもインターバルが長くて忘れてしまう(笑)今日はそんな宿題をオーダー。「天ざる」ここの天ぷら、ヤッパリ美味しい。油っこくなくサクッと揚がった天ぷら。門司のヤマニ醤油を使った甘めのつゆにつけていただくと、あっさりに素材にコクをkanbeenikunikomi 加味する。エビも揚がりすぎてなくていい。「肉煮込」、ここの細麺に煮込みというのが結びつかずにいままで注文してなかったのだが、煮込まれてもモチモチ感は失われていない。いつもざるうどんばかり啜っている子供が美味しいを連発し、ほとんど食べられてしまった。子供にはこちらのほうが食べやすいのかも。肉うどんにありがちな、味付けが辛くて出しの味が変わるようなこともないし。「ごぼうおろし」ぶっかけうどん。細麺と油断してかぶりつくと、モチモチ感で口の中で切れない。慌て者には向かない(笑)味わって食べたい。油っこくないゴボウ天もいい。ただ失敗したのは・・・ぶっかけは、「温」もあるのについ「冷」を注文してしまった。ざるが冷たく美味しかったので違う感覚を味わえれば・・・と。

kanbeegobou いつも超混み合っている。ここに始めて行った時、子供が食べるのが遅いとやたらと相当あせったものだが、お店の方は決してせかすようなことはしない。むしろ、どうぞ、ごゆっくりという感じで。待っている人の視線が多少痛いけれど、お店の方が態度で防いでくれている感じがあり、小さな子供連れでもありがたい。だからかもしれないが子供はすっかりココのファンである。なるべく混まない時間を考えて行っているけれど・・・。ごまさん、今日も美味しい麺をご馳走様でした~。

津田屋官兵衛  天ざるうどん 780円  ごぼう天おろし 670円  肉煮込 650円

<データ>北九州市小倉南区津田新町3-3-20(国道10号バイパス南海部品より吉田方向へ、ポプラより左に入ってすぐ右の奥) <メモ>今回・A(最高) /リピート・A(→) /訪問履歴・C /子供連れ・○

« 悟空 | トップページ | たこ焼 オアシス »

1.うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

土曜日?
僕はお昼に行きましたよ~、チビと。
僕もブログはじめて、やっと行けたって感じでした。
本当は毎日でも食いたいんですけどね(笑)

「時間差攻撃」でしたね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154398/8403036

この記事へのトラックバック一覧です: 津田屋官兵衛:

« 悟空 | トップページ | たこ焼 オアシス »