フォト

<別館>は、こちらから↓

無料ブログはココログ

追加画像(本文関連)

  • ナチュラルレストラン36 デザート等
    ブログ本文中に掲載できなかった写真のアルバムです

ブログ以前の写真館

鉄道写真(JR・国鉄)

  • 12廃線跡を歩く~国鉄日田線(東小倉~妙見~石田) 神岳2丁目大畠1丁目付近3
    現在、廃線跡を歩く~旧国鉄・日田線跡/東小倉~石田を順次UP中です。

最近のトラックバック

« 宝雲亭 | トップページ | ユートピアサイオト »

2007年1月 6日 (土曜日)

津田屋官兵衛 (3)

Udonkoebidon

いささか二日酔いにつき、こってりものより完全にうどんモード。スキーに備えて葛原にできた新しい大型スポーツ店を覗きたいということもあり、しかし今日は寒いからあまりに行列だったらやめるつもりで津田屋官兵衛へ。もうお昼時・・・いつもお昼時は諦めて夕方行くぐらいなので、半ばあきらめモードだったが、駐車場に空きがあり、珍しいTenpuraudonなぁ、と思いながら店内へ。待ちはいるものの、すぐに座れそうな感じなので待つことに。

間もなく大将も「仕込部屋」から登場。なぜかお会いするのは年明けて2回目(笑)ご丁寧な挨拶、恐縮します(笑)我々もテーブル席へ。ココに来たら天麩羅ものは是非。サクッと油切れよくライトに揚がった天ぷらが美味しい。いつもはなんとなく「天ざる」に目が行くので今日はSobokuon初めて「天ぷらうどん」にしたが、ご覧のように別皿でやってくる。コレはありがたい。天プラの油でギトギトになったうどんは、最近苦手で。うどんセットは小エビ天丼、子供がほとんど食べて、ご飯だけしか食べてない(泣)そして、素朴ぶっかけ。素朴の特徴ある麺の風味を味わうには「温」がいいと思ったのだが、寒くても何でもぶっかけは「冷」で食べているから、ヤッパリ「冷」にして水で締めた麺の方が好みかな。大盛りにしましたがこれが結構な量でした。帰る頃にはやはり普段の混雑、ラッキーでした。ご馳走様でした。

津田屋官兵衛  うどんセット 580円 天ぷらうどん 680円 素朴ぶっかけ(温)大盛   550円

<データ>北九州市小倉南区津田新町3-3-20 <メモ>今回・A~B /リピート・A(→) /訪問履歴・C /子供連れ・○

« 宝雲亭 | トップページ | ユートピアサイオト »

1.うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154398/13483665

この記事へのトラックバック一覧です: 津田屋官兵衛 (3):

« 宝雲亭 | トップページ | ユートピアサイオト »