フォト

<別館>は、こちらから↓

無料ブログはココログ

追加画像(本文関連)

  • ナチュラルレストラン36 デザート等
    ブログ本文中に掲載できなかった写真のアルバムです

ブログ以前の写真館

鉄道写真(JR・国鉄)

  • 12廃線跡を歩く~国鉄日田線(東小倉~妙見~石田) 神岳2丁目大畠1丁目付近3
    現在、廃線跡を歩く~旧国鉄・日田線跡/東小倉~石田を順次UP中です。

最近のトラックバック

« ちんねん亭 | トップページ | 萬福(べトコンラーメン) »

2007年3月10日 (土曜日)

資さん@鞘ヶ谷店&浅生店

Sayagatani 今日は1日忙しく、朝から活動。合間での食事だが、戸畑方面、せっかくだから連食(朝から・苦笑)。まずは、鞘ヶ谷店。久しぶりに来たが、いつのまにこんな大きな店舗になっのだろう。スピナのまん前にあった、比較的小規模な店舗だったが。さて、いつものとおり冷たい「ぶっかけ」(380円)を注Sayagatani2 文。タレがガラス容器に入ってきたのはココが初めてだなぁ。清涼感があっていいんじゃないだろうか。麺はややふやけ気味だが、もッちり感は残っていて、まあまあって感じ。ゴボウ天は、ゴボウの水分が残っている状態でふんわりと仕上がり美味しかった。衣も薄く、揚げ色もいい感じに仕上がっている。それだけに麺がもう少し良ければ・・・惜しい。

資さん@鞘ヶ谷店  <データ>北九州市戸畑区東鞘ヶ谷町4-67 <メモ>今回・B /リピート・C /訪問履歴・3回目

Aso バイクを飛ばして次は浅生店。資さんは、ほとんどが大規模な駐車場を持つが、中には駐車場がない昔ながらの店舗もあり、ココもそんな店の一つ。しかし、狭いぞぉ。面積的には一枝店の方が狭いかもしれないが・・・。麺はかなりやわやわ。でもまあ、許容範囲ってトコ。盛り付けは豪Aso2 快。海苔の量が多いのは嬉しいが、ゴボウ天の衣も豪快(苦笑)ところで、麺の量って各店同じだと思うのだが、なぜか多く感じる店、少なく感じる店がある。画像のみの比較で、器は共通と仮定したら、確かに違うような感じがする。今回は典型的じゃないかな・・・ゴボウ天の衣が多くてちょっと油っぽく、ゴボウもやや揚がりすぎっていう感じだった。全体的にはまあまあ、って印象。

資さん@浅生店  <データ>北九州市戸畑区旭町2-3 /P・なし <メモ>今回・B’ /リピート・C /訪問履歴・初回

« ちんねん亭 | トップページ | 萬福(べトコンラーメン) »

1.うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154398/14296731

この記事へのトラックバック一覧です: 資さん@鞘ヶ谷店&浅生店:

« ちんねん亭 | トップページ | 萬福(べトコンラーメン) »