フォト

<別館>は、こちらから↓

無料ブログはココログ

追加画像(本文関連)

  • ナチュラルレストラン36 デザート等
    ブログ本文中に掲載できなかった写真のアルバムです

ブログ以前の写真館

鉄道写真(JR・国鉄)

  • 12廃線跡を歩く~国鉄日田線(東小倉~妙見~石田) 神岳2丁目大畠1丁目付近3
    現在、廃線跡を歩く~旧国鉄・日田線跡/東小倉~石田を順次UP中です。

最近のトラックバック

« はる屋@旦過屋台   ※移転 | トップページ | 旅行1日目その1・姫路城 »

2007年4月28日 (土曜日)

更新うどん@本店 (5)

Sarasinzaru 今日から3連休。本来は久しぶりの家族旅行3日間の予定だったが息子のソフトの試合が入り・・・結構大きな大会とかで補欠といえども休めない。桃園グランドへ応援に。しかし、コテンパンにやられ・・・励ましの意味と、明日からの旅行の準備もあって息子の好きな更新へ(久しぶりだし)。夕食の時間にしては早めでまだお客も少ない。こんな時は多少待たされると「当り」になることが多く、反面、すぐに出てくると「はずれ」の危険がある。これは、ここのうどんが、茹で上がりに15分から20分ほどかかってしまう麺で(お持ち帰りの時には「今日の麺は○○分ね」と指導がある→茹で麺のお持ち帰りSarasinkamoは、ない)その中で「ゆでたて」を提供するために、何分後かの需要をある程度見越して茹でているためなのだが・・・今日はマスターの姿が見えず、厨房は奥様が切り盛りしてる(後からマスター見えたけど)。すんなりと・・・最初にざるうどんが来て、あとからかも南、わかめごぼう。嫌な予感がしたが、子供が注文した「ざるうどん」は、バッチリ。角があり、噛み応えがあるここ本来のうどんだ。一安心していたところ、が(笑)親2人の「汁」うどんに関しては、麺がドッボーンとしてヤワヤワ。数年前の拡張新装開店直後には、よくあったことだが、ここ最近では珍しい不出来の麺だった。うーん、久しぶりだったのにちょっと残念だぁ。帰る頃に、お客が増えてきた。早すぎて、タイミングが悪かったようだ。ほんのちょっとの差の・・・(苦笑)

更新うどん@本店  ざるうどん 580円  かも南うどん 680円

<データ>北九州市小倉北区上富野2-12-58 /定休・水曜日 /P・あり  <メモ> 今回・AとC(笑) /リピート・殿堂  /訪問履歴・A /子供連れ・○

« はる屋@旦過屋台   ※移転 | トップページ | 旅行1日目その1・姫路城 »

1.うどん・そば」カテゴリの記事

g.北九州市小倉北区」カテゴリの記事

コメント

べーやんさん こんにちは

懐かしいですね「更新うどん本店」。
このお店には、旧店舗の頃、何度か行った事があります。

いつも「ごぼう天うどん」頼んで、太いごぼう天食べちゃうどん食べて、またごぼう天、うどん食べてを必死に繰り返し食べていたんです。
こういう時必ず、奥さんだと思うんですが「あんた食べっぷり良いね!一緒にいなり食べんね!いなりを!」としつこく勧められ、この時若かった私は断ることが出来ず、うどんだけで腹一杯になっているのに無理していなりを食べていた記憶があります。

新店舗になって、一度も訪れていないので、また「ごぼう天」を食べに行ってみたいです。
資さんうどんも気になりますけど。

>福氏さん

その台詞は間違いなく奥さんです。しかし、私は
かたくなにうどんだけ食べてました。今でもカウ
ンターに座った時の量はかなりなものですよ。

もう、あと2ヶ月で「小倉」も始まりますよ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154398/15062866

この記事へのトラックバック一覧です: 更新うどん@本店 (5):

« はる屋@旦過屋台   ※移転 | トップページ | 旅行1日目その1・姫路城 »