フォト

<別館>は、こちらから↓

無料ブログはココログ

追加画像(本文関連)

  • ナチュラルレストラン36 デザート等
    ブログ本文中に掲載できなかった写真のアルバムです

ブログ以前の写真館

鉄道写真(JR・国鉄)

  • 12廃線跡を歩く~国鉄日田線(東小倉~妙見~石田) 神岳2丁目大畠1丁目付近3
    現在、廃線跡を歩く~旧国鉄・日田線跡/東小倉~石田を順次UP中です。

最近のトラックバック

« 萬龍  H24  ※閉店後移転 | トップページ | 喫茶 すいげつ  H24 »

2012年6月30日 (土曜日)

春燕   H24

久しぶりの「春燕」。今日はちょいとした家族の宴席で利用。総勢6人だが、
子どもが2名(食べ盛りの1名)。大人もそれなりに年季が入っているので、
そんなに多くの量を食べる感じでもない。

こんな時には単品や定食より、ファミリーコースを利用する。量はシェアした
ら大したことはないが、種類を多く食べられるのが良い。
4500円、6000円、10000円のコースの中で3-4名用の6000円コースで予約。
ついでに、予約限定のメニュー、豚肉角煮(3人前1800円)。1名分600円とい
う計算。高額だが、せっかくなので4人前で予約していた。

前菜、天ぷら2品盛り合わせ、大海老のチリソース炒め、肉料理、チャーハン
または五目フライ、フカヒレスープ、点心という内容だが、基本おまかせと
いう感じになるので、どんなラインアップか楽しみ。

Ca390446

前菜(酢物2品)
クラゲと砂肝。砂肝は麻婆豆腐定食のみについてくるが、単品で持ち帰り
もする。つまみに最高。これだけ量があると嬉しい。クラゲは辛子入り。
子どもにはどうかと思ったが、案外と食べていた。

Ca390454

前菜 茹で豚
大海老チリソース炒め

当然 麦酒(笑)

Ca390461

おっ、春巻きだ。実はこれも予約限定メニュー。特に頼んでいたわけでは
ないが嬉しいね。中身はクリームソースで和えたタイプ。天ぷら2品の代
わりと思われる。

Ca390468

肉料理(ニンニクの茎と豚肉の炒め物)  ビールがすすむ♪

Ca390472

Ca390476_2
お待ちかね豚角煮。ホロホロに煮込まれた豚肉、青梗菜を、中華パンに
挟んでいただく。

Ca390479

選択する麺・ご飯もの。親父の好きな五目フライ麺を。
今日は、親父と、自分の好みが優先の日、なのだ。

Ca390482

当日追加 酢豚(大)
これは親父様の必須アイテム。コースの肉料理としてお願いすることも可能?

Ca390485

当日追加 小エビの天ぷら(小) これも親父様の要望。

Ca390488

フカヒレスープ。刻んだ豚肉や海老も入る。

Ca390492

点心 ごま団子

当日追加料理の2品の内、1品は余分だったかも。
それぐらい、お腹一杯になりました。

冷静な評価。ここは、大衆店として、量・質・値段とも安心して食べられ
るお店です。塩で味を調えるタイプの料理が多く、若干、塩辛さがある
かもです。なので、決して上品ではなく、高級でもなく。特別に旨い!
とか量が、すごく多い!(定食のご飯はデフォの「小」の他、注文時に
「こちらからの申告」で中・大 無料で選べます)ということはないです
が、適正な価格で、自慢のスープをベースにした料理は、どれも美味
しく、手軽に中華を楽しめるお店です。

だから、私は、超・お気に入りなのです。

平日お昼の12から13時過ぎは、サラリーマンOLでたいへん混みあい、
夕方も1杯やりながらのお客さんで多い場合があります。私が近所で
10年間、勤務していた際は、11時半か、13時半からの昼休み限定で
の利用でした。

久々の「春燕」、満喫しました。

北九州市小倉北区紺屋町14-36 /定休・日祝 /P・店舗前コインパーク
                        補助券あり。

<メモ> 今回満足度・A /リピート・殿堂 /訪問履歴・殿堂(数百回) 

« 萬龍  H24  ※閉店後移転 | トップページ | 喫茶 すいげつ  H24 »

7.中華・餃子・点心など」カテゴリの記事

d.定食(昼)/ランチ」カテゴリの記事

e.定食(夜)/ディナー」カテゴリの記事

g.北九州市小倉北区」カテゴリの記事

r.お気に入り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154398/55502803

この記事へのトラックバック一覧です: 春燕   H24:

« 萬龍  H24  ※閉店後移転 | トップページ | 喫茶 すいげつ  H24 »